パリの美術館探訪記

| トップ | パリのお勧め現代美術館 | 美術館フリーパス | リンク集 |

●ジュ・ド・ポーム国立ギャラリー
以前は、印象派の美術館として多くの名作を展示していましたが、オルセー美術館にこれらの作品が移動されて以来、しばらくの間閉鎖されていました。
が、その後、改装工事を終え、ふたたび1991年にオープンしました。

場所
チュイルリー庭園のコンコルド側です。オランジュリー美術館とちょうどついになる形で建っています。

新しくなったことに伴い、展示内容も大幅にリニューアルされました。現代美術専門の美術館となったのです・・・外観はかなりクラシックですが・・・。
所蔵作品を展示するだけでなく、常に企画展を行って新たな道を開こうとしている点はみなうものがあります。
吹き抜けを利用し、ガラス窓を広く取った、明るい開放的な内部は、絵画を楽しむのにすばらしい環境を与えてくれます。
じっくり観て、疲れたときには、中2階のカフェへどうぞ!
おしゃれなカフェで、グラス・ワインを楽しむこともできます。

●オランジュリー美術館
ルーヴルやオルセーとは、また別に、ここを目当てでパリに来る人もいる・・・きっと!・・・に違いないほど、素晴らしく、価値の高い美術館です。
あのモネの「睡蓮」に出会えるのが、この美術館なのです。作品数はさほど多くありませんが、それだけに選び抜かれた逸品ぞろいです。
印象派、近代の作品を中心としたコレクションとなっています。これらが画商のポール・ギョームと、その夫人、および夫人の2番目の夫ジャン・ワルターによって
集められたものと言われます。